葛飾区を盛り上げるために活動するアマチュアプロレス団体『W.I.N』のBLOGです

QR

6・17WINエイトホール大会、TATSUYAとの防衛戦を前にプリンスを直撃②

「迷走王者プリンス石井インタビュー②」

Q 6・17のタイトル戦に話を移しましょう。横浜での初防衛を果たし、いよいよ王者として葛飾に凱旋となります。前回大会ではタイトル奪取と同時にその直後のマイクアピールでいきなりのヒールターン宣言。葛飾中の反感をかいましたね。

A ハッキリ言って、またその話?って感じだよね(苦笑)
俺自身、ヒールになったつもりはないしね。わかってくれる人はわかってくれてると思うしね。

Q 圧倒的にわかってくれる人が少なかったのが現状です。

A ・・・。

Q さて、今回防衛戦の相手となるのが、前回大会で電撃入団を果たしたTATSUYA選手です。

Aハッキリ言って、川田はね・・

Q 川田じゃないです。TATSUYAです。

A あっ、ゴメン・・・ハッキリ言って、TATSUYAはね、WINにしてみれば新人な訳でね。いきなりのタイトル戦ってありえないんだけどね。でも彼には入団する前のフリー時代の実績があるからね。うん。彼の試合を一度でもみたことがある人なら納得だろうね。うん。

Q シングルマッチだけでも、マッチョマイケルズ選手・ハリケーン津田選手・ヴァサライケウチ選手などの一線級の選手との対戦経験がありますし、昨年末には当時チャンピオンだったハレタコーガン選手のWINタイトルにも挑戦していますからね。確かにフリー時代の実績・経験はずば抜けてますね。直近では、お寺プロレスさんに参戦し見事メインを務めましたね。

A ハッキリ言って、お寺プロレスさんの試合観てきたんだよね。圧勝だったね。風格あるし。まだあれで22歳くらいでしょ?正直嫌になるよね(苦笑)
まぁね、彼が高校生からプロレスを始めて、フリーとして積み重ねてきた意地みたいなものは感じるよね。

Q 実はあなたとTATSUYA選手、キャリアあまりかわらないんですよね。いわば同期に近いのですが。

A あっ、そうなの?その辺あまり気にしたことないね。彼は彼の道、自分は自分の道でやってきたからね。

Q TATSUYA選手は以前「プリンス石井は温室育ち。ゆるい。甘い。」と発言したことがありました。

A (苦笑)ハッキリ言って、面と向かってハッキリ言われたことあるよ。

Q 腹がたちましたか?

A ハッキリ言って、腹はたたなかったよ。うん。こいつ僻んでんだなって。だからね、彼が入団って決まった時も今回の試合が組まれた時もね、あの時の僻みをぶつけてこいよ!と。奪ってみろよ!と・・

Q あの~、ひとりで盛り上がってるところ恐縮ですが、TATSUYA選手があなたを僻んでるというのは、あなたの勝手な妄想ですよね。

A ハッキリ言って、彼は僻んでるよ。多分。

「迷走王者プリンス石井インタビューその②」終わり。
その③に続く?

http://winkatsushika.blog.fc2.com/?no=81
  1. | トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<WINヘビー級タイトル挑戦を控え、TATSUYA語る | ホーム | 6・17WINエイトホール大会、TATSUYAとの防衛戦を前にプリンスを直撃①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://winkatsushika.blog.fc2.com/tb.php/90-26b8af8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

News