葛飾区を盛り上げるために活動するアマチュアプロレス団体『W.I.N』のBLOGです

QR

6月エイトホール大会試合結果うぃん!次回大会は7・13(日)



アマチュアプロレスWINエイトホール大会へのたくさんのご来場誠にありがとうございました!

次回WINエイトホール大会は7/13(日)です!
対戦カード他、詳細は決まり次第、blog・Twitterにて発表させていただきます。

ついに火蓋を切った葛飾最強タッグ決定リーグ戦の第2ステージ、混戦の行方は!?
7/13(日)もエイトホールへ!
皆様のご来場、心よりお待ちしております!


6月22日試合結果です!
葛飾総合スポーツセンターエイトホール
「第1回葛飾最強タッグ決定リーグ戦」
観衆 約50人

第1試合
シングルマッチ(15分1本)

○フライヤー河西(WIN)[07:57 ダイビングボディーアタック]カズマザバーニング(RAW)●

若さ溢れる打撃、打点の高いドロップキックを連発しフライヤーを追い込むも、最後はフライヤーの老獪さが上回り、必殺ダイビングボディーアタックが炸裂。フライヤーが粘るカズマにトドメを刺した。
フライヤー河西コメント
「いや~、若いっていいね。こっちは体力温存しながらやってんのに、向こうは底無しだもんね(笑)シングルで他団体の選手とやったのは始めてかな。威勢がよくて素晴らしい。ドロップキック効いた。最後は必死に押さえこんだよ(笑)」


第2試合
「葛飾最強タッグ決定リーグ戦グループB公式戦」(15分1本)

(5点)○oKADo & ウィスキー[09:19 カズナガーデン]サイコクニマス & 甲斐大和●(0点)

脚の負傷をおしての参戦となった甲州力丸を、試合前からoKADo&ウィスキー組が襲い戦闘不能に。甲州に代わり、ふじやまプロレスの新人「甲斐大和」が参戦。甲斐大和にとってはこれがデビュー戦。ダブルフェースクラッシャー、クニマスのチョークスラム&甲斐のその場飛びムーンサルトプレスなど、連携技で酒呑みタッグを追い詰めるも、やはりキャリアの差は越えられず。ふじやまプロレスタッグ黒星発進。酒呑みタッグまさかの白星発進。


第3試合
「葛飾最強タッグ決定リーグ戦グループA公式戦」(15分1本)
(5点)○マスクドノーネーム & 鴉野ショウ[10:50 四の字ジャックナイフ]"brother"GAKKEY● & イホ・デル・メソJr.(0点)

RAWvs秋葉原プロレスの対抗戦の色合いも含んだ一戦は、やはりお互いの意地が表れたバチバチの試合に。体重差を生かした秋葉原タッグが優位に試合を運ぶも最後の最後の連携技をミス。その一瞬の隙をつきノーネームが技ありの丸め込みでフィニッシュ。
試合後、秋葉原プロレスタッグ間に不穏な空気が・・。


第4試合
「ウメタロウ復帰戦」
シングルマッチ(30分1本)

○KONG-T[08:00パールハーバースプラッシュ]ウメタロウ●

およそ2年振りの本格復帰となるウメタロウはUWFのテーマで入場。
序盤からブランクを感じさせない鋭い蹴りをヒットさせるも、中盤以降スタミナ切れが見え始める。そこを見逃さず、コングがラッシュ。最後はパールハーバースプラッシュでピン。

ウメタロウコメント
「いや~。スタミナ切れがね・・。課題ですね。これから精進します。コング強くなりましたね。岩みたいでした(苦笑)」


セミ
「葛飾最強タッグ決定リーグ戦グループA公式戦」(15分1本)

(2点)△ハリケーン津田 & Yan'sテイオー[10:10 両者リングアウト]△米山健太 & ゴトウヨシキ(2点)

米山組が奇襲でペースを掴みにかかるも、実力で上回るハリケーン組が序盤から圧倒。米山はエルボースマッシュ、ゴトウのは頭突きと一矢報いるも、ハリケーン・テイオーはナックルパート一発で鎮圧。すぐに流れを変える。試合が動いたのは9分頃。ゴトウがテイオーをチェーンでコーナーに束縛。米山・ゴトウ二人がかりでハリケーンを場外に釘付けにし、ここで場外カウントタイムオーバー。両者リングアウトの裁定。米山組は奇策で「してやったり」の勝ち点2をGET。ハリケーン組にとっては確実に勝ち点5の一戦を落とした。


メイン
「葛飾最強タッグ決定リーグ戦グループB公式戦」(15分1本)

(5点)○DRAGON・RYUGA & ヴァサライケウチ[12:00 ウラカン・ラナ]尾谷友洋 & ハミチツ二郎●(0点)

グループB優勝候補同士の対決。
尾谷・ハミチツのパワー攻撃に、ドラゴン・ヴァサラがスピードで対抗。ほぼ互角の展開も、ハミチツの人間離れしたパワーで徐々にドラゴン組が劣性に。ハミチツがラリアット→パワーボムで勝負に出たところをドラゴン起死回生のウラカン・ラナでくるり。カウントは微妙なタイミングながらも技ありの一本でドラゴン組が勝利。
尾谷・ハミチツ組はカウント2で返したと主張するも裁定は覆されず黒星発進。


【葛飾最強タッグ決定リーグ戦得点結果 】※第一戦終了時点

<グループA>
マスクドノーネーム & 鴉野ショウ組(5点)

ハリケーン津田 & Yan'sテイオー組(2点)

米山健太 & ゴトウヨシキ組(2点)

"brother"GAKKEY & イホ・デル・メソJr.組(0点)


<グループB>
DRAGON・RYUGA & ヴァサライケウチ組(5点)

oKADo & ウイスキー組(5点)

尾谷友洋 & ハミチツ二郎組(0点)

サイコクニマス & 甲斐大和組(0点)

  1. | トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<葛飾アマチュアプロレスWIN7・13エイトホール大会全対戦カード発表 | ホーム | 6・22エイトホール大会で本格復帰する"WINの良心"ウメタロウのコメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://winkatsushika.blog.fc2.com/tb.php/185-79ddd185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

News